事業承継・引継ぎ補助金、損しない為にココに注意!

(注)執筆当時の法律に基づいて書いていますのでご利用は自己責任でお願いします。


୨୧*━━━━━━━━━━━━━━━━━*୨୧*━━━━━━━━━━━━━━━━━*୨୧
▶事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用枠)◀

■申請サポート受付中‼
M&Aの専門家手数料などを≪最大600万円まで≫補助してくれる当補助金。
サポート先採択率【96%以上】M&A支援機関に登録【済】の税理士が申請をサポート致します!!
詳細はコチラ→https://www.business-s.jp/main_contents/menu_00/jsh-r5hosei-9.html
…………‥・‥………………………‥・‥……………………………‥・‥………
■無料セミナー
補助金(専門家活用枠)の概要からアプローチ方法、誰でも取れる加点項目などを解説!!
【録画配信 お申込み受付中】→ https://forms.gle/kRqkLx37mq5iMjfY7
୨୧*━━━━━━━━━━━━━━━━━*୨୧*━━━━━━━━━━━━━━━━━*୨୧

申請は2月16日まで”事業承継・引継ぎ補助金”

1月9日に事業承継・引継ぎ補助金の8次公募が公開・申請受付が開始されました。
◇事業承継・引継ぎ補助金HP https://jsh.go.jp/

本補助金は【経営革新枠】【専門家活用枠】と、左記2枠と併用申請が可能な【廃業・再チャレンジ枠】に分かれて構成されております。

その中でも【専門家活用枠】は、これからM&Aで経営資源引継ぎを実現させようとする中小企業・小規模企業者向けに、経営資源の引継ぎに際して活用する専門家の費用等の一部を補助してくれるものとなっております。

ここからは専門家活用枠に内容を絞り、ご紹介致して参ります。

事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用枠)の概要

(1)補助対象経費
M&Aアドバイザー等の専門家に支払われる費用、システム利用料、保険料等

(2)補助上限額
600万円以内
※廃業・再チャレンジ枠と併用申請・採択で上乗せ額 +150万円以内

(3)補助下限額
50万円

(4)補助率
買い手支援類型:2/3以内
売り手支援類型:1/2又は2/3以内

(5)申請受付期間
2024年1月9日(火)~ 2024年2月16日(金)予定

(6)交付決定
2024年4月上旬予定

(7)補助事業期間
交付決定 ~ 2024年9月16日予定

◇事業承継・引継ぎ補助金 8次公募(専門家活用枠)公募要領
https://jsh.go.jp/r5h/assets/pdf/08/requirements_experts.pdf

損しない為にココに注意!

【1】
補助事業期間[上記(7)]内に着手~実施・支払いが完了している経費でなければ、補助対象経費となりません。

≪一例≫
デューデリジェンス  (前提条件:交付決定日 4月19日)
→発注:4月22日/実施 ~ 完了:5月1日 ~ 5月16日/支払い完了:5月31日

上記の場合、補助事業期間内に着手~実施・支払いが完了していますので、補助対象経費として認められます。
※M&A手続き進行に関する総合的な支援(FA・仲介業務)の委託契約に関しては、補助事業期間前に発注(締結)していても補助対象経費として認められる場合があります。

【2】
補助事業期間[上記(7)]内に経営資源の引継ぎが実現(対象事業においてクロージング)しなかった場合、補助上限額は300万円以内となります。

≪一例≫
仲介業務     (前提条件:交付決定日 4月19日)
→発注           :4月22日
 マッチング~基本合意書締結:4月22日 ~ 6月14日
 基本合意時報酬の支払い完了:6月28日
 財務調査立会~最終契約締結:7月10日 ~ 9月20日
       (クロージング)
 成功報酬の支払い完了   :9月30日

上記の場合、最終契約締結日が補助事業期間外となりますので、補助上限額が300万円となります(成功報酬は補助対象経費として認められません)。

【3】
基本合意時報酬や成功報酬など、M&A手続き進行に関する総合的な支援(FA・仲介業務)に関する経費については、【M&A支援機関登録制度】に登録されている事業者への支払いでなければ、補助対象経費として認められません。
◇M&A支援機関登録制度 登録機関データベース
https://ma-shienkikan.go.jp/search

【4】
補助対象経費は、50万円以上(税抜)の支払いの場合、原則として2者以上から相見積を取得することが必須で、且つ、その中で最低価格を提示した事業者を選定する必要があります。※一部例外有り

但し、外注費、委託費、システム利用料、保険料など一部の経費に関しては、50万円未満の場合でも、原則として相見積を取得することが必須となります。
※一部例外有り

弊社にてご支援可能です!

弊社グループのビジネスサクセション(株)では、下記ご支援が可能です。
☆補助金申請サポート支援
https://www.business-s.jp/main_contents/menu_00/jsh-r5hosei-8.html

※既にM&A支援機関登録制度に登録済み/補助金支援実績 約96%で採択M&A成約件数 67件/節税対策等も税理士がアドバイザーの為バッチリ!

この話が経営者・資産家の皆様のお役に立つことができれば幸いです。

メール通信№881


Copyright all rights reserved By マネーコンシェルジュ税理士法人

その他の最新税務関連ニュース

大阪税理士コラムのカテゴリー一覧

税務情報を「メール通信」「FAX通信」「冊子」でお届け。

中小企業の経営者及び総務経理担当者・相続関係者向けに、「知って得する」「知らないと損する」税務情報を、メルマガ、FAX、冊子の3種類の媒体でお届け。
配信日時などの詳細は下記をクリックしてご確認下さい。
会計事務所の方はご遠慮頂いております。

  • メール通信 ご登録&ご案内
  • FAX通信 ご登録&ご案内
  • 冊子媒体 ご登録&ご案内

今なら初回面談無料!
お気軽にお問い合せください。

0120-516-264受付時間 9:00~17:30(土日祝休)

メールでのお問い合せ

ページトップ