10連休を乗り越えろ!

(注)執筆当時の法律に基づいて書いていますのでご利用は自己責任でお願いします。

混乱必至の10連休

今日は4月1日です。
いよいよ今日、新元号が発表されます。
改元に伴う10連休まで、あと1ヶ月を切りました。前代未聞の10連休。もちろん史上初です。
賛否両論あるようですが、その是非はともかくとして、恐らく、実際にさまざまな混乱が生じると思われます。

中小企業経営者の皆さんは、会社がその混乱に巻き込まれないように、と頭を悩ませておられることと思います。ここで中小企業経営に影響しそうな項目を皆さんと共有し、無事に10連休を乗り切るための参考になればと思います。

資金繰り関係

【月末入金】
10連休前の平日最終日は、4/26(金)です。売上の入金がこの日までになければ、入金は翌5月7日(火)となります。

【月末支払】
一方、27日(土)以降の引落しは、全て翌5月7日(火)になりますが、引落しのための資金は、原則4月26日(金)までに準備しておく必要があります。場合によっては、一時的に資金ショートを起こす可能性があります。
資金繰りが厳しい場合には、日繰りの資金繰り表を作成して確認し、どうしても調整がつかない場合は、事前に金融機関に相談する必要があります。

【4月決算】
4月決算の会社が、決算月に支払う保険料などで決算対策をされている場合、引落日が27日(土)以降の支払については、月末までに支払がされないため、決算対策としての機能を果たさない可能性があります。別途、26日(金)までに振り込むなどの対応が必要です。

経営面

【特需】
旅行業、印刷業、飲食業、サービス業などでは特需があるかもしれません。
決算が近い場合は決算への影響、その後の反動減など、経営に与える影響を考えておきましょう。

【売上減】
逆に、稼働日数で売上が決まってくる製造業などは、10連休で大幅に売上が減るかもしれません。その分をどこで取り戻すかなど、決算予想に織り込んだ上で、連休後をどうしていくべきかの対策を考えましょう。

飲食業、サービス業など

【人員確保】
売上増が期待できるケースもあるかもしれませんが、営業できるかどうかは、全て人員が確保できるかどうかにかかっています。特に、パートアルバイトのシフトには細心の注意が必要です。

【業者連携】
食材は連休中も通常通り配送してもらえるか、もし厨房機器の故障などがあったら、対応はどうなるかなどの確認が必要です。

【ATM】
飲食業やサービス業で、連休期間中も営業される業種の場合、釣銭準備等でATMを利用されることがあるかと思いますが、今年の連休期間については、ATMの残高が底をつく可能性があります。

経理

【連休明け窓口】
恐らく(というか確実に)連休明けの金融機関窓口は、非常に混雑することが予想されます。連休前にできることは、前もって済ませておく方がいいかもしれません。(法務局や年金事務所といった役所系も同様)

新元号関係

【システム】
5月1日からは新元号となりますので、旧元号を使用したシステムは不具合が出る可能性がありますので、前もっての対応が必要です。早目に手配しておかないと、SEが確保できなくなってしまいます。

この話が経営者・資産家の皆様のお役に立つことができれば幸いです。

メール通信№635

Copyright all rights reserved By マネーコンシェルジュ税理士法人

その他の最新税務関連ニュース

大阪税理士コラムのカテゴリー一覧

税務情報を「メール通信」「FAX通信」「冊子」でお届け。

中小企業の経営者及び総務経理担当者・相続関係者向けに、「知って得する」「知らないと損する」税務情報を、メルマガ、FAX、冊子の3種類の媒体でお届け。
配信日時などの詳細は下記をクリックしてご確認下さい。
会計事務所の方はご遠慮頂いております。

  • メール通信 ご登録&ご案内
  • FAX通信 ご登録&ご案内
  • 冊子媒体 ご登録&ご案内

今なら初回面談無料!
お気軽にお問い合せください。

0120-516-264受付時間 9:00~17:30(土日祝休)

メールでのお問い合せ

ページトップ