中小企業の経理生産性アップの第1歩!~電子納税~

(注)執筆当時の法律に基づいて書いていますのでご利用は自己責任でお願いします。

■毎月の納税は、オフィスのパソコン上で完結!
毎月納税しなければならない源泉所得税(原則)住民税(特別徴収)については、金融機関の窓口ではなく、自宅やオフィスのパソコンからインターネット経由で納付を済ませることができます!このインターネットを経由しての国税、地方税の納付手続きを電子的に行う手続きを電子納税といいます。

電子納税のメリット
・銀行に足を運ぶ、窓口で順番待ちする時間が無くなる!
・銀行の営業時間外でも納税を行うことができる
・納付の際の振替手数料0円(インターネットバンキングについては利用手数料がかかる場合あり)
・住民税については、全ての都道府県、区市町村を対象として、複数の地方公共団体へ一括して電子納税することができます。

■ダイレクト納税の方法(源泉所得を納付する場合)
電子納税の手段として、ダイレクト納税インターネットバンキングがあります。
手続きが簡単なのはダイレクト納付です。
簡単なクリック操作で、即時または期日指定をして届け出をした預貯金口座からの振替により納付ができるのでお勧めです!

ダイレクト納付で国税(源泉所得税など)を納付する手順
1.【事前準備】
  ●「開始届出書」を提出して利用者識別番号を取得する
  ●「ダイレクト納付利用届出書」を税務署又は金融機関に提出」(注)利用開始まで1か月程必要
2. e-Taxソフト(WEB版) にログイン→利用者情報の登録を済ませる→徴収高計算書のデータを作成→送信
3.e-Taxソフト(WEB版)のメッセージボックスにて、「納付区分番号通知」を確認→納付方法の選択(ここでは「ダイレクト納付」)→即時納付か、納付期日を指定
☆インターネットバンキングの登録不要!
☆源泉税の徴収高のデータ送付、納付には電子証明書やカードリーダライタ不要!
☆源泉税以外の科目(法人税、消費税等)でも電子納付が可能です

■住民税(特別徴収)の電子納付
〇必ず毎月納付する必要のある住民税こそ、電子納付を行ってください!
〇地方税の場合は、eLTAXソフトを使用します!
国税とは違うソフトを使用しますが、概ね国税と同じ手続きとなります。
電子納付の方法等詳細は、以下の eLTAX のHPをご参照ください。
☆地方税ポータルサービス https://www.eltax.lta.go.jp/

▼詳しくはこちら↓下記画像をクリック頂きますと、画像が大きくなります▼

中小企業の経理生産性アップの第1歩!~電子納税~

FAX通信№180

Copyright all rights reserved By マネーコンシェルジュ税理士法人

その他の最新税務関連ニュース

大阪税理士コラムのカテゴリー一覧

税務情報を「メール通信」「FAX通信」「冊子」でお届け。

中小企業の経営者及び総務経理担当者・相続関係者向けに、「知って得する」「知らないと損する」税務情報を、メルマガ、FAX、冊子の3種類の媒体でお届け。
配信日時などの詳細は下記をクリックしてご確認下さい。
会計事務所の方はご遠慮頂いております。

  • メール通信 ご登録&ご案内
  • FAX通信 ご登録&ご案内
  • 冊子媒体 ご登録&ご案内

今なら初回面談無料!
お気軽にお問い合せください。

0120-516-264受付時間 9:00~17:30(土日祝休)

メールでのお問い合せ

ページトップ