消費税の課税・免税事業者の判定ポイント

(注)執筆当時の法律に基づいて書いていますのでご利用は自己責任でお願いします。

■判定基準は2期前の売上高
1.2期前の売上高:1,000万円を超えているか?
2.課税の売上かどうか確認
3.課税・免税事業者の選択

■免税とならない場合
・特定期間・・・前期期首より6カ月の課税売上及び給与額が1,000万円超の場合
・資本金・・・・1,000万円以上の設立1期目及び2期目
・親会社・・・・課税売上5億円超でかつ50%超の支配で設立された法人(子会社)の設立1期目及び2期目

■免税だが課税事業者になるメリット・デメリット
〔メリット〕
消費税還付の可能性がある!
⇒預かり消費税<支払消費税であれば消費税の還付の可能性がある。

〔デメリット〕
損する場合がある!
⇒課税事業者の選択は継続適用(2年間)のため1年目だけでみるとトータルで、損になる可能性あり。将来を見据えた計画を立てることが重要!

▼詳しくはこちら↓下記画像をクリック頂きますと、画像が大きくなります▼

FAX通信№176

Copyright all rights reserved By マネーコンシェルジュ税理士法人

その他の最新税務関連ニュース

大阪税理士コラムのカテゴリー一覧

税務情報を「メール通信」「FAX通信」「冊子」でお届け。

中小企業の経営者及び総務経理担当者・相続関係者向けに、「知って得する」「知らないと損する」税務情報を、メルマガ、FAX、冊子の3種類の媒体でお届け。
配信日時などの詳細は下記をクリックしてご確認下さい。
会計事務所の方はご遠慮頂いております。

  • メール通信 ご登録&ご案内
  • FAX通信 ご登録&ご案内
  • 冊子媒体 ご登録&ご案内

今なら初回面談無料!
お気軽にお問い合せください。

0120-516-264受付時間 9:00~17:30(土日祝休)

メールでのお問い合せ

ページトップ