中小企業にとっての【決算書の見方】
金融機関からの【決算書の見られ方】
- 第6回MCセミナー 平成28年12月8日開催 
-


弊社主催の第6回MCセミナーに、多数のご参加頂き誠にありがとうございました!
予定を大幅に超えるお申込みで、盛況の内に終えることが出来ました。

 

今回は初の日本政策金融公庫とのコラボセミナーだったのですが、やはり実際融資を担当している方からの生のアドバイスは大変参考になったようで、そのような感想を頂きました。

 

セミナーでは、財務3表を中心にお伝えしたのですが、単に基本となる決算書の見方だけではなく、その「つながり」や「金融機関の視点」、「経営者の視点」などを交えてお話しさせて頂きました。定員オーバーとなる多数のお申し込みを頂きましたので、話す側も思わず熱が入りましたが、時には笑い声もあり、ご満足いただけたのではないかと、誠に勝手ながら考えています。アンケート結果でも皆さんから好評価を頂戴し恐縮しております。

(セミナー内容)
・決算書の基本的な見方から、粉飾決算の見抜き方まで伝授!
・日本政策金融公庫(国金)担当者から耳より情報も!

1.銀行が貸したくない決算書5つのチェックポイントとは?
2.貸借対照表で粉飾決算を見抜ける?
3.損益計算書にある5つの利益とは?
4.金融機関が重視するのは決算書のどことどこ?
5.キャッシュフロー計算書の見方、活用の仕方とは?


中小企業にとっての【決算書の見方】金融機関からの【決算書の見られ方】セミナー 中小企業にとっての【決算書の見方】金融機関からの【決算書の見られ方】セミナー 
ご参加頂いた皆様、お越し頂きありがとうございました。
次回は、【2月7日(火)13時30分~15時30分】で、内容は「決算対策」となる予定ですので、今の内からスケジュールを空けておいてください。


このホームページや弊社のメール通信・FAX通信にてご案内する予定ですので、楽しみにお待ちください(顧問先様は参加費無料)。

⇒ 過去のMCセミナーはこちら

今なら初回面談無料!
お気軽にお問い合せください。

0120-516-264受付時間 9:00~17:30(土日祝休)

メールでのお問い合せ

ページトップ