マイナンバー制度で最初にやるべきこと
-  納税月報 平成28年3月号 公益財団法人納税協会連合会 
-


まず、マイナンバー担当者がやるべきことは、「マイナンバーにまつわる事務作業内容等の現状把握」です。具体的には、「個人番号を取り扱う事務の範囲の確認やマイナンバーを取り扱う担当者の確認」です。例えば、「総務担当者が年末調整業務で従業員からマイナンバーを預かる」や、「経理担当者が支払調書作成業務で個人の大家さんからマイナンバーを預かる」などとなります。
現状把握ができれば、次は、「基本方針や取扱規定等の作成」となります。


マイナンバー制度で最初にやるべきこと

今なら初回面談無料!
お気軽にお問い合せください。

0120-516-264受付時間 9:00~17:30(土日祝休)

メールでのお問い合せ

ページトップ