10月スタート!郵便の配達日数・料金にご注意を

(注)執筆当時の法律に基づいて書いていますのでご利用は自己責任でお願いします。

今年の10月から変わる郵便の取扱い

今年の10月から『土曜配達』『配達日数』と『速達郵便料金』『配達日指定郵便料金』が変わります。

深夜勤務の労働環境の改善、従業員数や配達にかかる燃料費を削減する目的から、土曜配達の見直しが行われ、10月より普通郵便・ゆうメールの土曜日配達が休止されます。

※普通郵便・・・書留や速達などのオプションサービス(特殊取扱)を付加しないもののこと

土曜配達が休止になるサービス

下記は日曜日、休日に加え、土曜日も配達が休止となります。

・普通郵便、ゆうメール
・スマートレター
・特定記録
・Webレター
・コンピュータ郵便 など

土曜日の配達を利用する場合…

下記は引き続き土・日曜日、休日も配達され、届けられる日数に変更はないそうです。

・ゆうパック、ゆうパケット
・レターパックプラス、レターパックライト
・クリックポスト
・速達
・書留、簡易書留
・レタックス
・電子内容証明郵便  など

配達日指定郵便の土曜日の扱い

配達日指定郵便は、土曜日の扱いが変わりますので注意が必要です。

〔土曜日の扱い〕
・9/30までは、祝日を除く月~金曜日と同じ扱い ⇒ 32円
・10/1以降は、日曜日・祝日と同じ扱い     ⇒ 210円

「土曜配達が休止になるサービス」は、土曜日以外も配達日数が変わる

17時までに投函すれば、地域によっては翌日に届いていた郵便。
「土曜配達が休止になるサービス」に該当しているものは、配達日数が今までより1日程度延びるようになります。

※特定記録に関しては、土曜配達休止に該当しますが、配達日数の繰り下げには該当しません。

※現在、午前と午後の差出しで届く日数が異なる地域は、2021年10月からは「午後」差出し届け日数に統一されます。

例1)現在 月曜 17時頃投函 → 火曜に届いていたのであれば、見直しにより
⇒ 月曜 17時頃投函 → 水曜に届くようになります。

例2)現在 木曜 17時頃投函 → 金曜に届いていたのであれば、見直しにより
⇒ 木曜 17時頃投函 → 月曜に届くようになります。

もし、投函から翌々日に届いていた地域であれば、現行から更に1日程度延びることになりますので、注意が必要です。

実施は、2021年10月から投函曜日等によって段階的に配達日数を延ばす計画とのことです。

1割ほど値下げ、速達郵便料金

10月以降、速達は値下げされ利用しやすくなります。

・250gまで 290円 ⇒(10/1以降)260円
・1kgまで 390円 ⇒(  〃  )350円
・4kgまで 660円 ⇒(  〃  )600円

新料金に対応する260円普通切手は、9月1日に発行予定です。
※旧料金(290円切手)は、9月1日~10月31日の間で、交換手数料無料で他の郵便切手類と交換できる予定です。

請求書の到着にご注意を

9月末で半期決算を迎える企業様も多いことから、先方の締め日に間に合わせる為、10月の月初は特に請求書到着に気をつけている方も多いことと思います。

10月始まってすぐに2日、3日と土・日曜日がやってきます。
請求書を扱われている方は、是非ご注意下さいませ。

ご参考:日本郵政HP
https://www.post.japanpost.jp/2021revision/index.html

この話が経営者・資産家の皆様のお役に立つことができれば幸いです。

メール通信№743

Copyright all rights reserved By マネーコンシェルジュ税理士法人

その他の最新税務関連ニュース

大阪税理士コラムのカテゴリー一覧

税務情報を「メール通信」「FAX通信」「冊子」でお届け。

中小企業の経営者及び総務経理担当者・相続関係者向けに、「知って得する」「知らないと損する」税務情報を、メルマガ、FAX、冊子の3種類の媒体でお届け。
配信日時などの詳細は下記をクリックしてご確認下さい。
会計事務所の方はご遠慮頂いております。

  • メール通信 ご登録&ご案内
  • FAX通信 ご登録&ご案内
  • 冊子媒体 ご登録&ご案内

今なら初回面談無料!
お気軽にお問い合せください。

0120-516-264受付時間 9:00~17:30(土日祝休)

メールでのお問い合せ

ページトップ