一体いくらから儲けになるのか?自社の損益分岐点売上高を経営に活用

(注)執筆当時の法律に基づいて書いていますのでご利用は自己責任でお願いします。

損益分岐点売上高とは?

損益分岐点売上高とは、会社の売上高から費用を控除した利益がちょうど0円となる売上高のことを言う。これは、下記のような算式で簡単に求めることができる。

【損益分岐点売上高】=固定費/(1-変動費率)
*変動費率=変動費/売上高

損益分岐点を計算するためには、費用を固定費と変動費に分類する必要がある。固定費は、売上が増減してもその影響をほとんど受けず、ほぼ金額が一定の経費のことである。逆に、変動費は、売上の変動に比例して増減する経費のことを指す。

固定費の例:役員給与、正社員給与、法定福利費、地代家賃、固定資産税、自動車税、保険料、支払利息など
変動費の例:仕入れ、外注費、運送費、水道光熱費、バイト代など

A社の損益分岐点売上高

A社のある月の実績が【売上高1,000万、変動費(仕入、外注費)400万、固定費500万】であったとする。A社の損益分岐点売上高は、変動費率=400万/1,000万=0.4、損益分岐点売上高=500万/(1-0.4)≒833万となる。つまり、A社は売上高833万を達成すれば、それ以降は粗利益分が利益になる。

B社の損益分岐点売上高

B社のある月の実績が【売上高1,000万、変動費(仕入、外注費)600万、固定費500万】であったとする。B社の損益分岐点売上高は、変動費率=600万/1,000万=0.6、損益分岐点売上高=500万/(1-0.6)=1,250万となる。B社は売上高1,250万を達成しなければ、赤字である。

ここで、お気づきかもしれないが、1-変動費率≒粗利益率のことである。粗利益で固定費を回収できる売上高が、損益分岐点売上高である。経営者の方なら、自社の粗利益率を把握されているであろうから、固定費を粗利益率で除すれば、損益分岐点売上高を計算することができる。

固定費と変動費の分け方

固定費と変動費の分け方はいくつかあるが、中小企業の場合、科目によって判断する方法をお勧めする。売上に直接連動して発生する費用が変動費で、それ以外は固定費でも構わないので、大まかな損益分岐点売上高を把握するためと割り切ってほしい。

損益分岐点という概念は、事業計画を立てる際や、問題点を把握するためには便利である。決算書を3期ほど比較してみれば、何か経営のヒントがあるかもしれない。

税務ニュース№527

Copyright all rights reserved By マネーコンシェルジュ税理士法人

その他の最新税務関連ニュース

大阪税理士コラムのカテゴリー一覧

税務情報を「メール通信」「FAX通信」「冊子」でお届け。

中小企業の経営者及び総務経理担当者・相続関係者向けに、「知って得する」「知らないと損する」税務情報を、メルマガ、FAX、冊子の3種類の媒体でお届け。
配信日時などの詳細は下記をクリックしてご確認下さい。
会計事務所の方はご遠慮頂いております。

  • メール通信 ご登録&ご案内
  • FAX通信 ご登録&ご案内
  • 冊子媒体 ご登録&ご案内

今なら初回面談無料!
お気軽にお問い合せください。

0120-516-264受付時間 9:00~17:30(土日祝休)

メールでのお問い合せ

ページトップ