年末調整に影響!通勤手当非課税限度額が引き上げ

(注)執筆当時の法律に基づいて書いていますのでご利用は自己責任でお願いします。

通勤のため自動車などの交通用具を使用している給与所得者に支給する通勤手当の非課税限度額が引き上げられた。この改正は、平成26年10月20日に施行されたが、平成26年4月1日以降に支払われるべき通勤手当(同日前に支払われるべき通勤手当の差額として追加支給するものを除く)について適用される。

改正後の非課税限度額

改正後の1か月の非課税限度額は、次のとおりである。

今回は、平成26年4月1日以降に遡っての改正となるため、すでに支払われた通勤手当については、改正前の非課税規定を適用したところで、所得税及び復興特別所得税の源泉徴収が行われている。そこで、改正後の非課税規定を適用した場合に過納となる税額は、今年の年末調整の際に精算することになる。

なお、すでに支払われた通勤手当が改正前の非課税限度額以下である人については、この精算の手続きは不要である。また、年の中途で退職した人など今年の年末調整の際に精算する機会のない人については、確定申告により精算することになる。

年末調整における精算の手続き

例えば、自動車を使用して通勤している従業員(通勤距離が片道 50km)に、毎月、給料 300,000 円、通勤手当 26,000円を支給している場合、以下のようになる。

・ 平成 26 年1月から 10 月(改正前の非課税限度額 24,500 円を適用)
 各月の課税対象金額・・・301,500 円(300,000 円(給料)+1,500 円(課税される通勤手当))

・ 平成 26 年 11 月及び 12 月(改正後の非課税限度額 28,000 円を適用)
 各月の課税対象金額・・・300,000 円(300,000 円(給料)+0円(課税される通勤手当))

改正により、平成 26 年4月以後支払われるべき通勤手当の非課税限度額は、 24,500 円から28,000 円に引き上げられている。一方で、平成 26 年 10 月分までについて、改正前の非課税限度額を適用し、各月の課税される通勤手当を 1,500 円と計算しているので、平成26 年4月から 10 月までの7か月間に支給された通勤手当のうち、課税扱いとしていた通勤手当 10,500 円(1,500 円×7か月)は非課税となる。

この課税扱いとしていた通勤手当 10,500 円は、「非課税となる通勤手当」として総支給金額から差し引き、年末調整で精算することになる。具体的には、源泉徴収簿の「年末調整」欄の余白に「非課税となる通勤手当」と表示して、計算根拠及び新たに非課税となった部分の金額を記入する必要がある。なお、源泉徴収票の「支払金額」欄には、非課税とされる部分の通勤手当の金額を除いた金額を記入することになるので、注意してほしい。

税務ニュース№384

Copyright all rights reserved By マネーコンシェルジュ税理士法人

その他の最新税務関連ニュース

大阪税理士コラムのカテゴリー一覧

税務情報を「メール通信」「FAX通信」「冊子」でお届け。

中小企業の経営者及び総務経理担当者・相続関係者向けに、「知って得する」「知らないと損する」税務情報を、メルマガ、FAX、冊子の3種類の媒体でお届け。
配信日時などの詳細は下記をクリックしてご確認下さい。
会計事務所の方はご遠慮頂いております。

  • メール通信 ご登録&ご案内
  • FAX通信 ご登録&ご案内
  • 冊子媒体 ご登録&ご案内

今なら初回面談無料!
お気軽にお問い合せください。

0120-516-264受付時間 9:00~17:30(土日祝休)

メールでのお問い合せ

ページトップ