ものづくり補助金、2次公募は通りやすそう

(注)執筆当時の法律に基づいて書いていますのでご利用は自己責任でお願いします。

☆☆☆彡

現在弊社では、ものづくり補助金の申請支援を受付中です(実績多数)
随時無料相談を行っています!詳しくはコチラをご覧下さい!!

https://www.money-c.com/subsidy/monodukuriR1-3zi.html

☆☆☆彡

ものづくり補助金、2次公募は通りやすそう

今年来年に、機械装置等に設備投資予定の方は、事前に申請をすると、最大1,000万円の補助金(ものづくり補助金)がもらえる可能性があります。

申込みは4/20~5/20なのですが、昨今のコロナの影響で設備投資どころではないという企業が多数出ています。

そのため、今回の申請会社数はかなり少なくなるものと思われます。

一方で、コロナの影響で日本経済は最悪期となっていますので、国としては、出来るだけ多く採択し、補助金をなるべく多く早く出していきたいようです。

結論として、5/20締めの今回の「2次公募であるものづくり補助金」は、申請出来ればかなりの確率で採択されるのではないかと予測します。

※弊社にものづくり補助金の申請を依頼される場合の【締め切り】は、【明後日の4/22】となっていますので、ご注意ください。

更に補助金が通りやすい会社

更に、今回の2次公募におけるものづくり補助金については、下記の1つでも該当すると、通りやすくなります。

1.過去にものづくり補助金の交付決定を受けたことがない会社
2.コロナの影響を受けてサプライチェーンの毀損への対応として設備投資を行う会社(この場合補助率も1/2→2/3にアップ)
3.賃金水準が低くない会社
4.経営革新計画の承認を取得した会社
5.事業継続力強化計画の認定を取得した(予定含む)会社
(今からでもこちらは間に合います。弊社で支援可能。)

具体的にいくらもらえるのか?

例えば、1,800万円の機械を購入予定の会社が、このものづくり補助金に申請するとします。

この場合見事採択されると、一般的には、その1/2の補助金(最大1,000万円)が、後日会社に支給されます。

1,800万円×1/2=900万円<1,000万円
∴900万円

もしこの会社がコロナの影響等の要件を満たしている又は小規模企業者であると、上記の補助率が1/2→2/3となります。

1,800万円×2/3=1,200万円>1,000万円
∴1,000万円

因みに、資金繰りの観点からお話ししておくと、機械代1,800万円の業者への支払を済ませてから数ケ月後の補助金の入金となりますので、ご注意下さい。

=ものづくり補助金、無料相談(4/22迄)=
https://www.money-c.com/subsidy/monodukuriR1-2zi.html
https://www.money-c.com/subsidy/monodukuriR1-2zi_hp.pdf

担当:今村 仁 0120-516-264 imamura@money-c.com
====================

この話が経営者・資産家の皆様のお役に立つことができれば幸いです。

メール通信№688

Copyright all rights reserved By マネーコンシェルジュ税理士法人

その他の最新税務関連ニュース

大阪税理士コラムのカテゴリー一覧

税務情報を「メール通信」「FAX通信」「冊子」でお届け。

中小企業の経営者及び総務経理担当者・相続関係者向けに、「知って得する」「知らないと損する」税務情報を、メルマガ、FAX、冊子の3種類の媒体でお届け。
配信日時などの詳細は下記をクリックしてご確認下さい。
会計事務所の方はご遠慮頂いております。

  • メール通信 ご登録&ご案内
  • FAX通信 ご登録&ご案内
  • 冊子媒体 ご登録&ご案内

今なら初回面談無料!
お気軽にお問い合せください。

0120-516-264受付時間 9:00~17:30(土日祝休)

メールでのお問い合せ

ページトップ