ものづくり補助金とIT補助金の最新情報!

(注)執筆当時の法律に基づいて書いていますのでご利用は自己責任でお願いします。

1/30補正予算通過

さて、「ものづくり補助金」及び「IT補助金」の「事務局公募の公募要領」が発表されました。

あくまで「事務局公募の公募要領」ですから、直接皆さんには関係ないのですが、この公募要領を詳しくみてみると、「補助対象者」「加点要件」「計画終了時の補助金返還」「補助金及び補助率」「予定件数など」が明記されています。

そこで今回は、「ものづくり補助金」と「IT補助金」について、それぞれのポイント等をお伝えします。
因みに、これら補助金の前提となる補正予算が、1月30日に国会で可決成立しました。

ものづくり補助金

ポイントを列挙すると下記となります。

  • ・採択件数は4年間で約3万件
  • ・1年に4回、採択予定
  • ・交付決定10ヶ月経過後、再度応募可能
  • ・3年間常に募集状態が続く予定
  • ・補助金額100万円~1,000万円(補助率は1/2が原則)


◎申請要件
申請時点で、下記の申請要件を満たす賃金引上げ計画を従業員に表明する事
事業計画期間(3~5年)において、給与支給総額年率平均1.5%以上増加
事業計画期間(3~5年)において、最低賃金を地域別最低賃金+30円以上に

◎加点4項目
成長性加点(経営革新計画の承認)
政策加点(小規模事業者、創業5年以内の事業者)
災害加点(事業継続力強化計画の認定)
賃上げ加点(上記の申請要件以上の賃上げ)

◎減点1項目
過去3年間でものづくり補助金採択事業者

◎補助金の返還(新設)
事業計画終了時点で、申請要件を満たしていない場合等一定の場合

ものづくり補助金

https://www.smrj.go.jp/org/info/solicitation/2019/favgos0000009ybj.html

IT補助金(A類型)

ポイントを列挙すると下記となります。

  • ・採択件数は4年間で約3万件
  • ・1年に3回、採択予定
  • ・交付決定12ヶ月経過後、再度応募可能
  • ・3年間常に募集状態が続く予定
  • ・補助金額30万円~150万円(補助率1/2)


◎申請要件(A類型)
申請時点で、労働生産性について1年後の伸び率が3%以上、3年後の伸び率が9%以上及びこれらと同等以上の生産性向上を目標とした事業である事

◎加点2項目
3年間、給与支給総額年率平均1.5%以上増加計画を従業員に表明
3年間、最低賃金を地域別最低賃金+30円以上の計画を従業員に表明
※追加の可能性有り

◎減点1項目
過去3年間でIT補助金採択事業者

B類型については下記を参照ください。

IT補助金

https://www.smrj.go.jp/org/info/solicitation/2019/favgos0000009yg7.html

ものづくり補助金及びIT補助金ともに、3月以後の募集開始ではないかと予想されます。

この話が経営者・資産家の皆様のお役に立つことができれば幸いです。

メール通信№677

Copyright all rights reserved By マネーコンシェルジュ税理士法人

その他の最新税務関連ニュース

大阪税理士コラムのカテゴリー一覧

税務情報を「メール通信」「FAX通信」「冊子」でお届け。

中小企業の経営者及び総務経理担当者・相続関係者向けに、「知って得する」「知らないと損する」税務情報を、メルマガ、FAX、冊子の3種類の媒体でお届け。
配信日時などの詳細は下記をクリックしてご確認下さい。
会計事務所の方はご遠慮頂いております。

  • メール通信 ご登録&ご案内
  • FAX通信 ご登録&ご案内
  • 冊子媒体 ご登録&ご案内

今なら初回面談無料!
お気軽にお問い合せください。

0120-516-264受付時間 9:00~17:30(土日祝休)

メールでのお問い合せ

ページトップ