買い手から見たM&A

(注)執筆当時の法律に基づいて書いていますのでご利用は自己責任でお願いします。

「後継者がいない…」

今、後継者が見つからずにいる中小企業・小規模事業者の経営者の方は127万人いるといわれています。引継ぎ手のいない企業の選択肢は「M&A」か「廃業」しかありません…。
今まで苦楽を共にしてきた従業員の雇用確保、良好なお付き合いを続けてきた取引先へ迷惑をかけない為にも、廃業ではなくM&Aをご検討される経営者の方は少なくありません。

その為、現在のM&Aは引継ぎ手を探している売り手企業の方がたくさんいらっしゃるのです。

M&Aのメリット

もし現在、下記をご検討の経営者の方は、売り手企業の中から、希望条件にあう案件がないかを探してみることをお勧め致します。
・従業員の確保
・事業の拡大
・新たな拠点を他県に進出
・新規事業参入 など

引継ぐ際のメリットもあります。
・顧客基盤が引継げる
・企業との口座が引継げる
・技術やノウハウ、特許、許可、認可、認証の継承
・設備や工場の引継ぎ など
※譲渡スキームにより異なります。

1からのスタートとなると、多くの時間や労力がかかりますが、M&Aでは長年築き上げてきたものを引継げるのですから、最短ルートで事業を大きくすることも可能です。

M&Aのデメリット

メリットも多いM&Aですが、もちろんデメリットもあります。
・負債や債務の引継ぎ
・偶発債務
(まだ現実の債務にはなっていないが,過去の取引に関連して将来何らかの事態が発生した時点で確定債務になるおそれがある項目)など
※譲渡スキームにより異なります。

悪意が無くても、見解の相違で認識が違っている部分があるかもしれません。
譲渡後のトラブルを回避するためにDD(デューデリジェンス)で売り手企業の調査を行います。

1.財務調査
財務的な観点から資産・負債の内容を把握します。

2.法務調査
法的リスクの有無(特に人事労務問題や、知的財産権、係争事件、許認可など買収条件に影響する事象がないか)を確認します。

3.事業調査
事業内容は申告通りか、ビジネスの収益性、市場の将来性、技術・製造ノウハウ、顧客、取引先などを確認します。

4.不動産調査
譲り受ける予定の事業に必要な不動産に問題がないかを確認します。
きちんとチェックしないと、ご自身の会社を傾かせてしまう可能性もM&Aには潜んでいます。専門家の目とご自身の目で、しっかり確認を行い、問題を解消していきます。

売り企業情報を得る方法

売り企業情報を探すのも、今はインターネットで簡単に調べる事が出来ます。
【参考:バトンズ】 https://batonz.jp/

上記サイトですと、自社情報・希望条件などを登録の上、売り案件を業種・地域・譲渡金額・キーワードから探す事ができます。
気になる案件があれば、サイトの交渉機能でチャット感覚でやりとりも可能ですので、ハードルが高いと感じることもなく、マッチングすることができです。

弊社でも数十社、売り案件の取扱いがございますので、ご希望条件を頂けましたら、有料となりますがお探しすることも可能です。弊社独自の情報もございますので、ご興味のある方は是非一度ご連絡下さいませ。

この話が経営者・資産家の皆様のお役に立つことができれば幸いです。

メール通信№650

Copyright all rights reserved By マネーコンシェルジュ税理士法人

その他の最新税務関連ニュース

大阪税理士コラムのカテゴリー一覧

税務情報を「メール通信」「FAX通信」「冊子」でお届け。

中小企業の経営者及び総務経理担当者・相続関係者向けに、「知って得する」「知らないと損する」税務情報を、メルマガ、FAX、冊子の3種類の媒体でお届け。
配信日時などの詳細は下記をクリックしてご確認下さい。
会計事務所の方はご遠慮頂いております。

  • メール通信 ご登録&ご案内
  • FAX通信 ご登録&ご案内
  • 冊子媒体 ご登録&ご案内

今なら初回面談無料!
お気軽にお問い合せください。

0120-516-264受付時間 9:00~17:30(土日祝休)

メールでのお問い合せ

ページトップ