大阪の税理士法人:大阪・京都・神戸・滋賀・奈良・東京・横浜を中心に活動/決算対策/法人設立/節税対策/資金調達/税務調査/相続対策/事業承継対策

今なら初回面談無料!お気軽にお問い合わせください。

0120-516-264 受付時間9:00〜17:30(土日祝休業)

メールでのお問い合わせ



今村 仁

今村 仁

「節税は義務、納税は権利」がモットーです。
開業当初に取材を受けました。

詳しい自己紹介はこちら

メールマガジン

経営者限定!365日経営者無料メルマガ

(このメルマガに登録されますと弊社発行メール通信・FAX通信に自動登録されることをご了承下さい)

会計事務所の方はお断りさせて頂いています。

まぐまぐ!殿堂入り 税金を払う人・払わない人

当サイトはリンク・フリーです。
下のバナーをお使いください。

「IT導入補助金」の申請手続き補助サービス
ソフトウェア開発販売会社・HP制作会社必見!【締切期限迫る6/30】

3つの加点要素のすべてに対応!



さて、「IT導入補助金」の2次公募がスタートしました。
今回の2次公募は、1次公募と異なり、多数のIT導入支援事業者が登録されていますので、激戦が予想されます。

ソフトウェア開発販売会社・HP制作会社などIT導入支援事業者の皆様が、150万円のソフトフェアなどを売る場合に、その2/3の費用が補助金として支給されるため、結果として購入者側としては、150万円−150万円×2/3=50万円の負担で済みます。

しかし、この補助金は、売り手である皆さんが補助金申請代行をしてあげないといけない仕組みとなっていて、中でも大変なのが、別紙2である「事業計画」の策定です(あとはそれほどでもなく、会社基本情報などです)。

この事業計画は、購入者側が皆さんのソフトウェアなどを購入して生産性が上がったという内容のもの(具体的には2つの指標を使って5年間計画数字として表現します)にしないといけません。

当社では、この別紙2「事業計画」の作成支援をしていて、専門家に該当する当社の場合は当社の名前を事業計画作成支援者として記入することにより加点要素となります。

更には、補助金獲得で重要な加点要素である「おもてなし認証の取得アドバイス」「経営力向上計画策定支援」なども同時に行っています。

もし、皆さんの会社でも同様にお困りでしたら、当社にご一報くださいませ。

メールや電話のやりとりを当社が直接、皆さんの購入者様とさせて頂くことになりますので、皆さんの手間が大幅に省略されるものと思われます。

既に多くの別紙2事業計画作成支援をお手伝いさせて頂いていて、当社自身もIT補助金をクライアントの立場で申請済みですので、安心してご相談下さい。

下記にて、初回面談無料で対応させて頂いていますので、ソフトウェア開発販売会社・HP制作会社などIT導入支援事業者の方々からのご連絡をお待ちしています。

【無料相談のお問い合わせ】
マネーコンシェルジュ税理士法人(認定支援機関) 担当:菊本翔太
フリーダイヤル:0120‐516−264
メールアドレス:kikumoto@money-c.com

【参考記事】
御社も対象かも!?「IT導入補助金」

最新税務ニュース

過去の記事

新着情報

過去の記事

マスコミ掲載情報

過去の記事

AllAbout 個人事業主・経営者の節税対策公式ガイドを務めています。

みんなで止めよう温暖化 チームマイナス6%

たいせつにしますプライバシー